投稿

ふれて、たしかめて、きづく。

イメージ
こんにちは!
マックスオーディオ福岡店 スタッフの堤です。
梅雨がなんたら、雨がなんたらと言っていったら本当に凄まじい量の雨が降り、福岡南部に甚大なダメージを与える始末。 南部にお住まいの読者さん、ご無事ですか? あるいは河川の近くにお住まいの方…毎日不安かと思います。 まだしばらく雨は続くみたいなので、気を張ることが増えてしまいますが、気を張りすぎずにいきましょう。
さて、そんな天気続きですが… そういう時こそ音楽を聞いて、上手くリフレッシュしてみるのもいいかもしれませんよ。 特に雨の時に聞くアナログ(レコード)は、なかなか趣があってリラックス出来そうです。 (今日の福岡店ではLINN AKURATE LP12 SEが流れています)
最近は若いリスナーやコレクターも増えてきたアナログ盤。
DJブームやヒップホップが隆盛になっているからか、一般的なCDショップでも多く取り扱われるようになってきています。
それに際してエントリークラスのアナログプレーヤーを様々なメーカーが作り始めているのもまた事実。
つまり…手軽に温故知新出来るという訳です。

…「いや、なに仰々しく当たり前の話しとんねーーん!!」
と思う方もいらっしゃるかと思います。いや、それは本当にすみません。
というのも私は福岡店に努めるまで、アナログ機器を触ったことがありませんでした。
高校生の時は放送部だったのに。しかも部室に無名ブランドのプレーヤーがあったのに。 今思うと勿体ないことしたなあ!と思います(笑) そんな私も今はオーディオ販売員。CDやネットワークプレーヤー、AV系だけではなく
アナログも勉強しなければ! と思い、数か月前からコツコツ…ちまちま…と基本から学んでいる次第です。

少し感覚的な話ですがここで働く前に、
「レコードは針を落とす瞬間や独特のレコードノイズがあるのが良い」という話を小耳にはさんだことがありました。
話を伺った当時は生意気な少年だったので、「いやいや、どういうこっちゃねん!!」みたいなことをのたまっていたと思います。きっとその時せっかちなヤツだったのでしょうね。今もせっかちですけど。
しかし実際…というか少し年を重ねて、時間を使って勉強したり実際に触れてみたりすると何となく、あの言葉の意味が分かったような気がしています。

レコードの針を落として、音楽が始まるまでのドキドキ感。

シアターデイズ!

こんにちは!
マックスオーディオ福岡店 スタッフの堤です。

梅雨入りが発表されたにも関わらず雨が降らずに快晴だったり、
かと思えばバケツを返したような豪雨が来たりと時勢だけでなく天気にも振り回されにゃいかんのか!?と叫びたくなる毎日ですが、皆様はいかがお過ごしでしょうか?

最近、おうち時間は前と比べて減ったものの時勢が時勢で動きにくかったりするのか、
それとも新しい趣味の一つとしてなのか…
ホームシアターを作りたい!というお客様がよくご来店されています。
その度にまだまだ新人なのでAVアンプやプロジェクターの類への知識も乏しい為、
少し後に下がって接客と商品知識のお勉強タイムに突入することがしばしば。

「私もあんな風にスマートに商品の話を出来るようになりたいなぁ…」
と必死に勉強する一方で、
「自分の好きな作品をデカイ音とデカイ映像で体験出来たら、もう感情めちゃくちゃになってまうやろなぁ…ンフフ…w」みたいな気持ち悪い感じの笑いが出てしまいそうになってしまいます。
私はいち販売員でもあるのですが、その前にいち映画好きです。どうしてもユーザー目線の妄想じみた空想は捨てられないんですよね…。

そうなった時についてくる考えはもちろん「何の作品を見たいか」です。
もちろんお客様も「これが見たい!」といった考えはお持ちかとは思いますが、言ってしまえば販売員の私も人間。
お勉強しながら「これもいいな、いやでもあれも捨てがたい…!」みたいに考えています。
ぱっと思いついたのはやっぱり 「BACK TO THE FUTURE」シリーズ。 とくに初代は実家のVHSで擦り切れるくらい見るくらい大好きな作品です。 大好き過ぎて一人暮らしを始めてから、初任給で天神の町を血眼で駆けずり回ってトリロジーボックス(DVD)を買うくらいには大好きです。 ストーリーラインの流れもテンポがよくて、シリーズを通して悪役にビフの一家とそのツレがいること、メインやサブにパンチの効いたキャラがいること、 そして物語の起点になってるのが80年代のアメリカということ(ここが重要)…  そしてジャンルがSF…! 今の自分を形成するにあたってのエッセンスが詰め込まれた、めちゃくちゃに楽しい映画。語彙力がなくて魅力を伝えられないのが申し訳ない…でもそれくらいワクワク出来る作品です。
ちなみにこの作品シリーズのエッセンス…

DALI EPICON 6

イメージ
こんにちは!
マックスオーディオ福岡店 スタッフの堤です。
世間はまだ梅雨…ですね。 本当に雨が降らないと思いきや、降る時はタイミングが悪かったり凄まじい雨量だったりと… そして湿気も気温も高くなってきてちょっと気が滅入りそうになりますね… 皆様はいかがお過ごしでしょうか?

さて、梅雨が明けたらいよいよ本格的な夏がやってくるわけですが… 夏になったらこの音楽が聞きたい!みたいなのは皆様にはありますか? やっぱりロック? それともEDM? はたまた変わらずにジャズやクラシックなどの好きな音楽という方もいらっしゃるかもしれません。 (ちなみに私はロックが好きなのでELLEGARDENとか10-FEET辺りを改めて聞きたいです)
…もしかしてボサノバとかディスコミュージックって方もいらっしゃる…? よかった! 読んでくれてありがとうございます!(茶番) そんなボサノバやディスコが聞きたい貴方に、おすすめのスピーカーがあるんですよ! それがこの DALIのEPICON 6です。 実は少し前にUSED商品として入ってきたものになります。ですが使用感こそ多少あれど、本当に綺麗な状態! 前のオーナーさんが大切に使われてたのかなあと思いを馳せたくなりますね。
特徴と言ったらなんと言っても ハイブリッド・ツィーター・モジュール! メインのツィーターはソフトドーム型で、一般的なツィーターの50%程の軽さしかない超軽量素材を採用しており、高ハンドリング・高レスポンスが叶っています。 それにより高音域帯の低い周波数を再生することが可能になっています。 そしてもう1つのツィーターがリボン・ツィーター。最近ちょこちょこと見かけるようになった印象がある形ですね。 このリボン・ツィーターによって超高音域を美彩に再生し、さらに音を拡散させ音の広がりを大きくすることに成功しています。
また中低音域には完全自社制作のSMCマグネット・システムを採用しており、歪みが20dB以上削減され、ビリビリとしたノイズや歪みが軽減し、雑味のない音が出るように設計されています。
そしてDALIがおすすめしているセッティングがスピーカーを正面に向ける手法。 一般的なスピーカーはスポットに合わせて内振りをすることで、スイートスポットで聞けるように調整するのですが、 先述のこのスピーカーの音の拡散性を存分に味わうには、正面向…

「隣に…/三浦あずさ(CV.たかはし智秋)」

イメージ
こんにちは。
マックスオーディオ福岡店 スタッフの堤です。

全国的に外出の自粛が少し緩和されたことで、元の生活ほどではないにしろ
やっと多少の自由がきくようになった次第ですが、皆様はいかがお過ごしでしょうか?
私はいつもと変りなく家事をこなし漫画を読み、Twitterをいじるだけのマシーンのような生活をしております(笑)


ですがつい先日。
連休を頂いた私は、あるCDを求めて天神や博多の街をうろちょろとしておりました。
そして苦節5時間の長い放浪の果てに、まさかのブックオフの290円CDのコーナーで、
お目当てのものを見つけることが出来ました。
それがこちら。
MASTER ARTIST07 AZUSA MIURA です。調べたら2007年発売みたいです。
リファレンス曲の話の時にも少し話題に出した「アイドルマスター」というゲームに出てくるキャラクター、「三浦あずさ」のソロシングル…みたいなコンセプトでリリースされたシングルでして…

…え? お前まさかですって?
そうですよ、アニソンCDですよ。
だってオタクだもの。
そりゃあ推しコンテンツのCDくらいめちゃくちゃ探して買いますよ。

でもここで紹介するということは…

そう! 本当に侮れない一曲が収録されているのです。
それが記事のタイトルにもしている「隣に…」という楽曲です。

楽曲(歌詞の世界観とか作詞曲の椎名豪さんの凄さとか)は数多のアイマスファン…通称「プロデューサー」さん達が文字に起こしたりお話してくれているので省略させて頂くとして。
今回私はオーディオ販売員らしく、サウンド面の話をさせていただきます。

突然ですが、読者の皆さまはアイドルソングと言われてどんな曲調を思い浮かべますか?
キラキラポップなアッパーチューン?
クールでソリッドなダンスナンバー?
一度聞くとクセになりそうなユーロビートテイスト?
ましてやそこにアニメソング…という要素を加えると…?
もはや現代の音楽過ぎて、何にも面白くない! ハイエンドのシステムで聴く音楽ではない!
となってもおかしくないかもしれませんね。

ですが…この曲はそんなあなたにこそ聞いてほしい一曲なんです。

この曲はいい意味で「アイドル(アニソン)らしくない」楽曲でもあります。
聴いてもらったら分かるのですがテイストはセリーヌ・ディオンの「My Heart Will Go On」に近いで…

FOCAL SPECTRAL 40th

イメージ
こんにちは!マックスオーディオ福岡店 スタッフの堤です。 気がついたら前の記事からそこそこの時間が経っており、時の流れの早さに戦慄しております(笑) 皆様は変わりなくお過ごしでしょうか?

久しぶりの更新ということで、当店にあるもので最近引っ張り出して聞いてみたスピーカーをご紹介させて頂きます。 それがこちら はいドン! FOCALのSPECTRAL 40thです! 名前の通りフランスの会社FOCAL(輸入はLUXMAN)の創立40周年記念モデルなんですが…機会があって引っ張り出して聞いてみたら、まあとても良いこと! 背面には40と書かれたプレート付き。 周年モデルなので細部までこだわり満載みたいです!
特徴はなんと言ってもスピーカーコーン。見た目から派手! 1986年から採用されているイエローコンのK2ユニットなのですが、従来の製品に改良を重ね、素材と特性はそのまま原音再生能力と軽量化に成功した最新モデルとなっています。 これをミッドレンジとダブルウーハーに採用することにより、中低音域に纏まりとインパクトが生まれています。 そしてその音域を際立たせるのがこれ!
全面と背面にダクトが付いています! これにより主に低音域の空気感やパワフルさが増しています。バスレフを2つにしてしまうとどうしても抜け感が強くなりすぎてしまうみたいなのですが、 そこはキャリア40年のFOCAL、流石の技術でデザインと音質を鮮やかにコントロールしてくれています!
また高音域も従来のモデルから進化した同素材のドームツィーターを採用しており、パリッとした高音の出方をするので、 ドスンとくる低音と伸びる中音と綺麗にマッチしてくれています。
"ネオ・レトロ"を掲げて作られたこのモデル、名の通り現代のロックやポップスも楽しく聞けますが、 やっぱり相性がいいのはクラシックやジャズみたいです。 そして以外によかったのはシャンソン! FOCALがフランスのメーカーということもあってか、少しアンニュイな楽曲やハスキーボイスの表現力がびっくりするくらい良い! 美しさの中にある儚さや、深さをこのスピーカーはしっかり出してくれそうです!
そして気になるお値段ですが… ¥1,056,000-(税込)となっています! 決算セールももうそろそろ終わってしまいます…! 当店で絶賛演奏中となっておりますので、ご興味がありましたら是非お問い合わせ、ご来店下さ…

閑話休題「BUMP OF CHICKENの話」

イメージ
こんにちは!マックスオーディオ福岡店 スタッフの堤です。 書いては消してを繰り返していたら更新が止まってしまっていました(笑) サボってないです! サボってないですからね!!!
自粛の期間がさらに伸びてしまったことで、鬱屈としてしまう日もあるかと思いますが、皆様はいかがお過ごしでしょうか? 私は友達と夜な夜な麻雀したり酒を飲み交わすことで正気を保っています。
ですが!!! そんな俗っぽい生活の中に数日前、一筋の光が!!! サブスク解禁に続いてMV公開だ〜〜〜〜!!!! しかもライブツアーファイナルの映像期間限定公開だ〜〜〜〜!!! ヤッタ〜〜〜〜〜〜〜〜!!!!!!!
…失礼、取り乱してしまいました。 私が大好きなバンド、BUMP OF CHICKENの映像がYoutubeで一気に公開されたのです! ライブツアーの映像は少し前に買ったので正直「なるほど!」って感じでしたが、 いや〜MVの公開は嬉しいです。 見たくても見れなかったものとかかなりあったので、この告知を見た時に思わず店舗でスマホを落としそうになってしまいました(笑) これを機に色んな人にBUMP楽曲とMVの良さを伝えなくちゃ…!と1人燃えている堤です。 もし「見たよ!」って方がいらっしゃいましたらぜひ私にお声がけ下さい(笑) ちなみに私は「メーデー」と「宇宙飛行士への手紙」と「firefly」が好きです。
と、めちゃくちゃ好きなバンド「BUMP OF CHICKEN」通称BUMPですが、なんというかもう…好きを通り越して「人生だろ」と言いきれるくらいには聞いてきています。 本当に今まで生きてきて、ことある事に聞いて、ことある事に救われてきました。 部活の部長を務めたけど、なかなか成果が出ない時には「ギルド」を聞いて憂いてみたり、 受験の時には「sailing day」や「セントエルモの火」を聞いて鼓舞されたり、 卒業の時には「グッドラック」や「友達の唄」で学生時代を思い出し、 就活の時には「ランプ」や「リトルブレイバー」、「Butterfly」で元気をもらっていました。 聴き始めたのはとても些細なことでしたが、その些細なことがここまで大きくなって、 聴き始めた時より体は大きくなったけど、大きくなったからまた良さがわかる… 多分BUMPだけじゃなくて、「音楽」ってモノ自体がそういうもんなんじゃないかな、と私は思います。
同時にさっきの私みたいに「この時には…

Klipsch R-620F

イメージ
こんにちは!マックスオーディオ福岡店 スタッフの堤です。
最近の私は自粛・自宅待機ムードで気が重くなってしまった結果、ニンテンドー3DSと「とびだせ どうぶつの森」を購入してしまいました。 帰宅後は村に入り浸りつつDJコントローラーやギターを触る日々を送っておりますが、皆様はいかがお過ごしでしょうか?

さて、すっかり村の住人になってしまいつつある私から今回は福岡店にあるスピーカーを1点ご紹介させて頂きます。
突然ですが、皆様はロックって好きですか? ロック…と言っても種類は沢山ありますよね。ポップロック、プログレ、グランジ、オルタナティブ…最近は「ミクスチャー」なるものまで出てきて、まさに群雄割拠なジャンルのひとつですよね。
ではもっと的を搾って… 「ハードロックは好きですか?」
…ハードロックもどこからがそうなのかは分かりにくいですが、 AerosmithやKISS、BON JOVI、Guns N' Roses、Van Halen…はてはMETALICAなどのメタルまでがこのカテゴリに属するみたいです。 ちなみに私は上記のバンドはもちろん、Dragon ForceとかAmaranth、THE DARKNESSとかが好きです。
そんなロックリスナーの方々にオススメしたいのがこちら Klipsch R-620F です。
まずこの見た目…モノリスっぽくていいですよね!! モノリスというのは巨大な一枚岩のことです。オベリスクやストーンヘンジもモノリスの一種になります。 そんなデカデカとした岩の如く、なかなかご立派ァ!なサイズ感に形をしています。無骨なのがいいですね。 インテリアとしてもさらっと置けてしまいそうな見た目。
そして肝心のサウンドですが… 「あっ…アメリカサウンドや…!!」といった感じです(笑) いや本当にびっくりしました。 意外とスリムなボディなのに、ガツン!とくる音が鳴ってくれます。 低音に少し重きを置き、伸びる中音、乾いた高音…といったバランス感。 快活でハッキリとしたストレートな音を出してくれるので、ロック向きな逸品です!
そしてメーカーのことを調べていくと… 何とKlipschの商品は本国アメリカの劇場で多く採用されており、ハードロックカフェでも設備採用されているみたいなんです! そらロックにぴったりな…ハードロック向きな音が出ますわな! そういえば…ハードロックカフェは博多駅の近くにも一店…